加盟前に聞きたいことQ&A

Q1 加盟金と月会費について教えてください。
A11人親方の職人社長様でも加盟できる金額ですのでご安心ください。
こちらから資料と共に案内資料をお送りしておりますので、ご確認ください。
Q2加盟する前に、一度相談をしたいのですが
A2はい。もちろん大丈夫です。
資料請求後に担当の指導員との面談時間があります。また、コースによっては、青木忠史会長との面談を受けていただくことも可能です。その際に、自社の事などをご質問なさってみてください。
Q3「他の塗装店ノウハウ」と「職人の会式」の違いについて教えてください。
A3「他の塗装店ノウハウ」と「職人の会式」の違いは、「自分の会社で行った体験談的なノウハウ」か「700社以上の経営指導の結果、体系化された経営法」か、です。
このようなことからも、「職人の会式」は、一過性のテクニック論や個性に寄りすぎているものではなく、オーソドックスな『原理原則に則った塗装店経営』となっているため、「どのような方でも」「どの地域でも」成果を挙げることができるのが、特長です。
詳しくは、加盟のご案内から資料を請求ください。
Q4下請を脱却して元請塗装店になりたいのですが、なれますでしょうか?
A4はい。大丈夫です。
誰でも元請になることができます。最初は誰でも下請からスタートをしているのですから。
 ただし、今のまま、何もあなたが変わらなければ元請になることはできません。
 まずは、元請になるためにも塗装店経営の基本、「職人の会式」をマスターし、『経営の基本』を覚えて、実践していくことから始めていきましょう。
Q5私は根っからの塗装職人で、「経営」はまったく分からないのですが、こんな私でも大丈夫でしょうか?
A5はい。もちろんです。
職人の会に入会される方の大半は「職人社長」さんです。また、塗装業界最高峰の経営と言われている「職人の会式」の開発者兼会長の青木忠史も、塗装店を経営していることもあり、現場で忙しい職人社長さん方でもわかりやすいシステムになっていますので、ご安心ください。
Q6「職人の会式」を導入したいのですが、資金的な余裕が無いのですがどうしたら良いでしょうか?
A6「お金」と「時間」は自ら創るものです。今ここから、目標を立てて一緒に頑張っていきませんか?
それとは別に、「補助金申請」や分割払いなどの対応もありますので、詳しくはおたずねください。
Q7私は60代なのですが、「職人の会」に入会して効果がありますか?
A760代からの塗装工事店の経営は、自分の人生だけで完結する経営から、後継者を募り次の代で経営成功を実現していくというように、考え方を切り替えて行くことも大切です。
そうすることで、あなたは無事引退でき安心した老後を過ごすことができるようになるからです。現に60代後半から新卒採用を成功させ80代で後継者に譲ることができた職人社長さんも、職人の会にはおられます。
一方、何も行動しなければ、『座して死を待つばかり』とは大げさかもしれませんが、現実はそのような姿かもしれません。60代には60代の経営成功があり、職人の会ではそれを支援しておりますので、どうぞ安心してご入会ください。
Q8私は50代なのですが今から始めても遅くありませんか?
A8「職人の会式」と「人生設計メソッド」を元に、残された人生の時間の中で、以下のことを心掛けてみてください。

 ◎どこまで行けるかの具体的目標を立てる
 ◎そのためには、何をやっていかなければいけないかの計画を立てる
 ◎実行しながら改善を繰り返す
 このようすることで、50代という人生の秋の時間も希望の日々に変わり、また経営と人生に対して前向きな活力が湧いてくるはずです。あなたが50代なのでしたら、どうかお早めに職人の会へご入会ください。
Q9私は40代の塗装職人なのですが、何かよいアドバイスをお願いします。
A9おめでとうございます。

40代の塗装職人社長は『仕事』において完全なる自信をお持ちのことと思います。
 55歳までが「人生の夏」となりますので、ぜひ、一度きりの人生のためにも「塗装店経営の基本」に則り着実なる成長を刻んでいただきたいと思っています。
 40代で職人社長さんが行うことは「組織づくり」「右腕育成」「成長への挑戦」「事業承継を見据えた責任者育成」です。
 現場はそれこそ何千件という数をこなしてきたことと思いますが、塗装店経営は人生に一度だけしか取り組むことができません。
 そこで失敗の無いよう、ぜひ日本建築塗装職人の会へ入会され、先輩方々のいろいろな経験や、塗装店経営指導において日本一と言われている職人の会本部の専門家のアドバイス等を活用して、あなただけの塗装店経営を華やかなものに花咲かせてください。そして地域を代表する塗装専門店として飛躍を実現させてください。
 一緒に頑張りましょう!
 (もちろん、上記まで到達していない、、ということでも構いません。人生の一番良い時期が40代だと思いますので、無駄にしないようしっかりと頑張って参りましょう!)
Q10私は30代の塗装職人なのですが、アドバイスをお願いします。
A1030代の塗装職人社長さんが行うことは「会社づくりから人生の土台づくり」です。そして、まだまだ先が長くあるように感じるのが30代の時期ですが、あっと言う間に40代、50代になってしまうことからも、30代に計画を立てて、生きていくことが、人生の成功に直結します。
 具体的には、マーケティング戦略や営業戦略を固めて安定した受注を実現し、施工においても社長の意思に沿って工事を行ってくれる塗装技術者を1人ひとり着実に育成していくことを心掛けてみてください。
 そして、現場仕事以外の事務業務・会計業務・総務業務などのバックヤード業務も体系化をしてまとめていき、事務員さん等を雇ってできる形にしていってみてください。
ところが、今まで現場仕事しかして来なかった職人社長さんが、「いきなり経営について取り組んでください、、、」と言われてもなかなか実践できないというのも一理あります。また、日々の忙しさから何から学んだら良いのか、何から実践をしたら良いのかも分からず、ただ目の前の仕事に追われる日々を過ごしているうちに、あっという間に年を取ってしまう職人社長さんも少なくありません。
 一方では、30代に遊んでしまう社長さんも少なくありませんね。
このようなことからも、30代のうちから「塗装店経営の基本」に則った経営を行っていくことで、人生がまっすぐ開けていきますので、そのようなことからも、ぜひ今、日本建築塗装職人の会へご入会くださればと思います。
Q11私は20代ですが職人の会に入会するのはまだ早すぎるでしょうか?
A11いいえ。健全堅実経営に取り組むのに早すぎるということはありません。

むしろ、経営においての先入観(一般社会の入れ知恵)が無い20代の時期から「職人の会式」に取り組むことができれば、後々、大きな成長に必ず繋がります。
 また現在では20代の職人社長さんも増えており、着実に経営を前進させています。
 会長の青木の格言で「花の種は春に撒く」という言葉があります。
 人生は、たった1回の花を咲かせるものだと考えましょう。そうだとしたら、人生の春、つまり20代の時期に自分自身のやるべき仕事にしっかりと取り組むことが、とても大切であるということなのです。
 20代の方ほど、ぜひ「職人の会」に入会されてください。
Q12現場仕事が忙しく、取り組む時間がありません。
A12時間は創るものです。
「忙しい」が口癖の1人親方さんも大勢居ますが、受注が増えてお店が大きくなったほうが当然忙しいわけです。
 「忙しさ」を否定するのではなく、忙しくなればなるほど、人に任せていくことを覚え、「発展繁栄」を肯定していくことを心掛けてみてください。
 職人の会に入会すれば、入会前の今は「とても時間がある時期だった…」ということにお気づきになられると思いますし、実践が深まれば深まるほど、仕事を回す力が身についていることにも、後々お気づきになられるはずです。
Q13近くに職人の会の加盟店さんがいるのですが、それでも入会できるのでしょうか?
A13はい。近隣地域の空いた商圏に指定の店舗を出店していただき加盟することが可能となっています。
ありふれたお話かもしれませんが、コンビニチェーン店や飲食チェーン店に加盟するとしても必ずしも、自分が生まれた場所で開業できるとは限りませんよね。全くそれと同じ論理です。
「生まれた土地でなければ塗装店経営は成り立たない」という固定概念を捨てて、ぜひ「職人の会式の塗装店経営」に取り組んでみてください。 塗装職人としての人生が大きく変わる転換地点となると思います。
Q14「職人の会式 塗装店経営」が考えている「塗装店経営」について教えてください。
A14まず、日本建築塗装職人の会では、目先の「売上アップ」ということだけに囚われるのではなく、「塗装店経営の長期的成功」という視点を中心に、全ての物事に取り組んでいくことを心掛けています。

その観点から行うべきことは、塗装店経営の本質である「塗装職人の育成から長期的雇用」の実現です。
そして、会社の利益は1現場1現場の原価管理が土台になっていることから、原価管理を確実に行うことを心掛けていき、その中で、施工品質とお客様満足度を追求していく努力をしていくことを心掛けていきます。
また別の視点から職人の会が考えている「経営」を表現するとしたら、「東洋医学」のような姿です。
風邪を引いたとき、熱を下げて元気をアップさせるために施す治療が西洋医学(対症療法)ですが、普段から風邪を引かないように生活習慣や精神管理、体質管理まで総合的に見つめているのが東洋医学(根源療法)です。職人の会が考える「経営成功」は、このような「東洋医学」の考え方に則っています。
上記のような思想を根底に持ち、マーケティング戦略~人材組織戦略を提供し、会員様と本部が二人三脚で取り組んでいくというのが「職人の会式 塗装店経営」です。キストを選択して上書き編集してください。
Q15職人の会では、受注に繋がるデザイン塗装も教えてもらえますか?
A15はい。日本建築塗装職人の会では「ペイントエゴイスト様と独占提携契約をし、加盟店の皆様に以下のようなエゴイストラインを学び、活用していただく機会を提供しています。(塗装デザインシリーズです)
ただし、デザインを追求するあまり、昔ながらの職人気質のどんぶり経営にならないよう、デザインと塗装店経営は両方同時に学んでまいりましょう。
Q16職人の会さんは、塗装店経営をされたことがあるのですか?
A16はい。青木忠史会長は、「アサヒリフォーム有限会社」(本社:越谷市・創業昭和54年)の2代目代表親方/現名誉顧問で、塗装店経営者です。

当時の様子(借金6000万円から業績改善を実現)はこちらにも記載しています。
青木忠史会長が、塗装店経営者時代に体系化した「塗装店経営マニュアル」が、全国700社以上の塗装店の方々に活用され、「職人の会式」として、体系化されました。
また現在のアサヒリフォーム(上写真)は、青木忠史が育成した3代目代表親方に事業承継をしています。引き続き、アサヒリフォームは「職人の会式」を実践し続け、地域密着型経営で健全堅実経営を続けています。
Q17「コンサルタント」という方は、口だけを動かす「机上の空論」ではありませんか?
A17はい。一般的には、そのような考え方で間違っておりませんが、職人の会本部のコンサルタントは違います。
職人の会本部のコンサルタントは、以下の特長があります。
 ①塗装店のカリスマコンサルタントと言われている青木忠史会長からの直接の薫陶を受けた経営指導のプロフェッショナルです。
 ②一般社員を「コンサルタント」と呼んでいるのではなく、それぞれの分野で活躍されてきた専門性の高い専門性を有している人材集団でもあります。
 ③知識を教えて終わりではなく、ライザップのトレーナーのように、1人に1人の担当がつき、あなたと二人三脚で経営成功に向けて歩み続けるパートナー的な存在です。
上記のことからも、「職人の会コンサルタント」は一般企業のコンサルタントとは、全く違う存在であると、ご理解いただけましたら幸いです。

このようなお悩みを
お持ちではないですか?

  • 塗装店として独立したいが、何から行ったら良いのか分からない
  • 元請けに転換したいが、相談できる人がいない
  • もっと自分たちが提供している良い仕事を、多くのお客様に届けたい
  • 会社が将来的に成長していけるのか不安だ
700社以上の塗装店を成長へと今も導き続けてきている「日本建築塗装職人の会」があなたをサポートします。
お気軽にご相談・お問合せください。

日本建築塗装職人の会は、塗装業界の健全発展、建築業界の健全発展を実現したいと考えている任意団体です。
日本建築塗装職人の会の武器は、これまで15年間700社以上の経営指導実績の中で培ってきた独自の経営スキーム「職人の会式 塗装店経営」です。
このスキームを通して、先が見えづらいと言われている時代の中で本当に大切なもの、本当に価値ある塗装工事店や塗装職人さんを残していきたいと考えています。

塗装屋さんで独立開業を目指す、もしくは、下請けからの脱却をお考えなら
ニッポンの塗装店FCをご検討ください。
塗装屋さんで独立開業を目指す、もしくは、下請けからの脱却をお考えならニッポンの塗装店FCをご検討ください。