ご挨拶


日本建築塗装職人の会に込めた思い

昨今の日本を取り巻く経済状況は決してやさしいものではありません。建築業界も少子・高齢化の流れそしてコロナ渦といった環境下、塗装業界の景気もより厳しいものとなっていくのは必然であると言わなければなりません。

 

そんな厳しい時代だからこそ、塗装店も、ローコスト経営・コスト削減が必要であると強く感じられている経営者の皆様と共に歩んでいく存在が「日本建築塗装職人の会」です。

これまで700社以上の塗装店をコンサルティングしてきた私たちならではのノウハウを駆使することでより早く、確実にそしてより安く、経営安定の目安と言える、「年商1億円」の塗装店を共に築き上げたいと感じています。

更に申し上げますと、塗装業界の誇れる技術を次の世代へと残し、地域に愛される塗装店を多数生み出していくことが私達の使命と考えております。

是非、この機会に、本サイトや、資料を読んでいただき私達の共に新しい一歩を踏み出しましょう!

青木忠史プロフィール
実践派経営コンサルタント(元警察官・警察学校長賞受賞)
日本建築塗装職人の会会長
2000年代前半に、当時埼玉県草加市にあった家業の塗装店を起点として、住宅塗装業界に「地域密着型経営」「職人直営専門店」というムーヴメントを起こしたといわれる人物であり、これまで7,000件以上の塗装店経営者の経営相談を受け、700社以上の塗装店経営者へ直接経営指導してきた経営指導者である。
これらの指導実績は日本の塗装職人技術の伝承に大きく貢献したと評され、2012年には「社会文化功労賞」を受賞している。
 また、経営指導体系としてまとめあげたものとして「行列のできるスーパーリフォーム店マニュアル(基本編/事業戦略編)」「いちばんやさしい工事店経営の教科書」(ダイヤモンド社刊)「小さな工事店社長7つのルール」などがある。(詳細はこちらのページでも紹介しています)

 


日本の塗装技術と塗装店経営を次世代に残したい。

 私は新卒で入社したのは大手金融企業でした。会長の青木忠史と、たまたま個人的な関係があり、「あなたのような優秀な方を塗装業界は求めている。一緒に日本の建築塗装業の復興から、世界の塗装業界の健全発展に人生を賭けないか」と、繰り返しのお誘いを受け、かねてより話を伺っていた日本建築塗装職人の会へ入社させていただくこととなりました。

 塗装業界に来て私の感想は、「想像以上に厳しい業界だな」というのが本音です。それは以下の経営環境からです。

 ☑マーケティング難易度が高く営業は多くが相見積で、常に天秤にかけられ続ける
 ☑その上、施工は現場によって全て違い、原価管理をしなければ赤字になってしまう現場もある
 ☑人手不足で採用をかけてもなかなか人材が集まらず、中高年の未経験者しか集まらないケースも多い
 ☑その上、「正しい経営ノウハウ」を学ぶ場が中で皆無であり、多くの職人社長さんは、同業他社の事例を参考にしたり、うまく経営をされている方の話を人づてに聞き、見よう見真似で経営に取り組んでいるような状態

 ただし、これらの状態を1つ1つ解決していくことで「日本の建築塗装業界は必ず発展する」と意気込んでいたのが会長の青木忠史であり、その姿を昔から見ておりました。

 日本建築塗装職人の会事業を始めてからはや17年が経過し、これまで7,000人以上の方々との面談、700社以上の経営指導を行ってきました。ですが、まだまだ、塗装業界の変革までは至らず、悔しい思いを抱いているのが現状の私たちです。

 年々、廃業される塗装店さんも多く時間との闘いですが、今日も1社でも多くの職人社長さんの経営支援に力を尽くし、業界の復興に全力を尽くして参りたいと思っております。

(株)日本建築塗装職人の会 代表取締役
事業本部長
高橋芳典

 

このようなお悩みを
お持ちではないですか?

  • 塗装店として独立したいが、何から行ったら良いのか分からない
  • 元請けに転換したいが、相談できる人がいない
  • もっと自分たちが提供している良い仕事を、多くのお客様に届けたい
  • 会社が将来的に成長していけるのか不安だ
700社以上の塗装店を成長へと今も導き続けてきている「日本建築塗装職人の会」があなたをサポートします。
お気軽にご相談・お問合せください。

日本建築塗装職人の会は、塗装業界の健全発展、建築業界の健全発展を実現したいと考えている任意団体です。
日本建築塗装職人の会の武器は、これまで15年間700社以上の経営指導実績の中で培ってきた独自の経営スキーム「職人の会式 塗装店経営」です。
このスキームを通して、先が見えづらいと言われている時代の中で本当に大切なもの、本当に価値ある塗装工事店や塗装職人さんを残していきたいと考えています。

塗装屋さんで独立開業を目指す、もしくは、下請けからの脱却をお考えなら
ニッポンの塗装店FCをご検討ください。
塗装屋さんで独立開業を目指す、もしくは、下請けからの脱却をお考えならニッポンの塗装店FCをご検討ください。